日本ALS協会埼玉県支部は、2002年6月15日に設立されました。

『朝日新聞』2002年05月24日朝刊より 
 筋萎縮(きんいしゅく)性側索硬化症(ALS)患者たちが、6月15日の日本ALS協会県支部設立に向けて準備している。患者3人と家族らが23日、さいたま市の知事公館に土屋知事を訪ね、設立趣意書を手渡した。関東甲信越で支部がないのは埼玉県だけだった。
  ALSは運動神経が冒され、筋肉が萎縮していく原因不明の難病。県内の患者は約300人で、うち70人ほどが起きられない状態という。
  県支部設立準備委員会発起人代表はALS患者の田中真一さん(59)で設立後は支部長になる。妻の和子さん(58)とボランティアの協力で人工呼吸器をつけて自宅療養している。そんな環境が恵まれていると患者同士の付き合いで知り、発起人代表を引き受けた。
  県支部設立後は交流会を開くなどしたい意向だ。田中さんは「患者の声を社会に伝えたい」と話している。


新着情報

支部長
田中 眞一 (患者)
副支部長
及川 清吾 (患者)
岡村 信栄 (患者)
福田 好巳 (患者)
事務局長
丸木 雄一 (医師)
事務局員
佐藤 順子 (事務員)
山本 薫 (事務員)
会計
清野 正樹 (事務員)
監事
染井 進 (遺族)
運営委員
大竹 隆 (患者)
小倉 慶一 (理学療法士)
奥富 幸至 (看護師)
小山 紀子 (理学療法士)
須賀 直博 (検査技師)
千々和 香織 (看護師)
冨田 リカ (遺族)
番場 順子 (遺族)
松村 茂雄 (遺族)
松村 幸正 (遺族)
武藤 陽子 (相談員)
村木 智子 (看護師)
小林 真美 (遺族)
松坂 恵(相談員)
上谷 歩 (相談員)